三月革命

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 借りぐらしのアリエッティ/感想 | main | 中庭の出来事/恩田陸 >>

大奥/よしながふみ

赤面疱瘡なる若年男子にのみ伝染する奇病が発生したため、男子の人口が女子の1/4になってしまった江戸時代。
将軍も大名たちも、市中の職人たちも皆女性がその役を務め、貴重な男性たちは婚姻制度が崩壊したため、金子をとって女たちと性交する者や養子に行く者あり……。
そんななか、将軍の権威を示すために男子が集められた大奥に貧乏旗本の水野は飛び込むが、そこは市井とは異なる世界だった……。


「男女逆転大奥」という色物設定で食わず嫌いをしていたのですが、映画化にあたりこの原作がSFとして評価されていることを知り、ならば読まねばならぬ!と最新刊まで一気に購入しました。
面白かったです。
何故このような大奥制度ができたのか、男子人口が激減していくなかでどのような社会変化が起きたのか、その辺りと史実を綺麗に絡めて物語ができあがっていて、読み応えがありました。
殺伐とした状況もあり、そんななか笑いもあり、とりあえず4巻までは抜群に。
それ以降は、ちょっとペースダウンかな?と思わないでもないですが、ようやく2巻から続いていた「過去編」が1巻の現在につながりそうなので、今後の展開に期待します。



JUGEMテーマ:漫画/アニメ
[おすすめ書籍]漫画 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -